hiziriharu.htm へのリンク

web大岡村誌 植物・哺乳動物
大岡村の植物 樋知大神社の春の植物



鋭いナイフのようなバイケイソウの芽生え。樋知大神社境内にたくさん見られます。 タニギキョウ。樋知大神社ウラの湧き水池のまわりにも見られます。湿った木陰に生えるキキョウのなかま。
コチャルメルソウ。花の形がチャルメラに似ているので名前がつきました。湿地の植物です。 ギンラン。樋知大神社ウラのブナ林の中にあります。白い花を咲かせるランのなかまです。
ズミ。春、樋知大神社の入り口に、全体が白く見えるほどたくさんの花を咲かせます。コナシともいいます。 タチカメバソウ。ワスレナグサと同じ、ムラサキ科の植物です。キャンプ場の小川や池の畔に可憐な花を咲かせます。
ヒゲネワチガイソウ。神社の木陰に可憐な白い花を咲かせます。ナデシコのなかまです。 樋知大神社入り口の方の境内をうめるほど群生しています。根元の葉が馬の足形に似ているので、ウマノアシガタ(キンポウゲ)ともいいます。