上田公園・秋の自然(2001年10月5日)


2001年10月5日、上田公園でkurata先生を講師に、自然観察会を行いました。
上田城下の駐車場の空き地にはびこるチョウセンアサガオの実。葉や種子は猛毒なので注意しなければいけません。 やはり、駐車場にはびこるキクイモの根。kurata先生によると、糖分の少ない、とても体によい芋だそうです。
上田城の石垣にはえていた、ベンケイソウのなかま。 上田城のシラカシはたくさんのドングリをつけていました。
 
上田城のムクロジの木は、このあたりでは有名なようです。 ムクロジの黒い実はたいへんかたいので、はねつきの玉の部分に利用します。
 
ケヤキの幹に、大きなサルノコシカケを見つけました。 ケヤキの根元の少しくぼんだところには、体長5cm以上もあるオオスズメバチが樹液でも吸っているのでしょうか。


上田小県の自然へ web大岡村誌へ